事業案内

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

◆発達支援

Ⅰ.アセスメント事業

検査や面談を通して課題を整理し、具体的な支援の方法を提案します。現在は公的機関からの依頼を受けて学校現場でのアセスメント及びコンサルテーションを主に実施しています。→FIST【フィスト】

Ⅱ.療育事業

学校や家庭で取り組める読み書きの困難や社会的なスキルを身につける療育やトレーニングを行います。→FACET【ファセット】

Ⅲ.フィールドワーク事業

野外活動冒険クラブ「NEMOCLUB」を主宰し、発達における感覚統合と社会性発達の促進する臨床発達の視点に基づき、意欲や自主自立性を促進するプログラムを展開しています。→NEMOCLUB

NEMOCLU育ちのユースが運営企画する「若者居場所作り」活動では様々な講座を開いたり一緒に遊ぶ仲間を探しています。通称は「ふにゃ」。気楽なネーミングの通り、どなたも気楽に参加できる居間のような存在です。Twitter「FYNA]で探してください。→FNYA【フニャ】

野外の遊びからスピンオフ活動となったNemoclub Youth Sqardronはサバイバルゲームチームです。10歳から参加できます。→NYS【ニィス】

Ⅳ.カンファレンス事業

「子どもの気がかりについて(発達を中心に)」「親子関係」「思春期について」「認知症予防」などの講師を務めます。広く多くの方に健やかな家庭環境を作ってもらうため、一般の方向けにわかりやすいお話を心がけています。→「子どもの気がかりアカデミー」「セルフカウンセリング講座」

Ⅴ.ワークショップ事業

学校教育現場の支援など実践で活躍する方や、心理検査チームを育て、現場における技量を伸ばすための専門的な研修会を開催します。→F SEMMI【エフ ゼミ】

◆研究活動

Ⅰ.研究事業

発達心理の専門領域の研究について執筆発表します。

Ⅱ.開発事業

読み書きの困難なお子さんのためにアセスメントに基づいた療育プログラムや具体的な教材の開発に取り組みます。→MERLIN【マリーン】

Ⅲ.ITメディア発信事業

ブログやFacebook,TwitterなどのITメディアを通じて、発達心理学から提案できるコラムなどを発信します。 →ふぁすブログ

2018.039現在

活動

子どもの気がかりアカデミー開催しました。

ふぁすのイベント発達支援事業として「子どもの気がかりアカデミー」開催しました。お子さん・お孫さん・ひ孫さんのお気がかりから、支援員の仕事などの勉強として来られた方など、さまざまに関心のある方がご参加くださいました。一回では語りきれないので、今回はほんのさわりとなりましたが、それぞれに何を知らなければならないか、と考えながら聞いていただけたようで、主催者としてはとても嬉しいです。

メディア発信の強さも感じました。いろいろな方に支えられながら、ふぁすは活動しています。一緒に新しい形の支援活動をしていきましょう。自分が学ぶことが周りの人の役に立ち、巡り巡って自分と家族に幸せをもたらす、循環する支援環境を作ることが大切なのです。

ネモクラブ わいわいキャンプ

わいわいキャンプを8月14.15日実施しました。5家族15人でわいわいと遊びました。1日目は子どもに人気のゲームを実現した「リアルスプラトゥーン」色水の水鉄砲で掛け合い盛り上がってました。大人が大人げなく遊んでました。

2日目は雨だったので、沢「登り」はやめて、

沢「歩き」をしました。いろんな生き物に会いました。熱中症も風邪もひかず元気に遊べて面白かったです。

ふにゃの仲間募集!

家にこもってるのもそろそろ飽きて来たあなた!ふにゃの仲間と何かしませんか?

スタジオやパソコンがある。仲間がいるよ。

ゲームやアニメやサバゲーや、今時の若者集まれ。

NEMOCLUB

Nemoclubでは

野外活動を通して感覚統合や社会的技能を統合的に身に着けます。

登山や道具を使う技能や野外調理などがメインですが、参加者の顔ぶれを見てメニューを決めます。家族で過ごしたり、危険予知の教育や集団行動のルールなどを、遊びを通して身に着けることができます。